プロフィール

マリモ

  • Author:マリモ
  • 各種粘土で作った色々な作品の紹介や、日々の出来事を綴ってます。



    2010年3月創刊 
    ART BOX vol.17
    「DOLL現代日本の人形作家
    100人」に掲載された作品




最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

Flashリバーシ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒神さん

清荒神(きよしこうじん )は、兵庫県の宝塚市にあって、「荒神さん」と親しく呼びます。
「かまど神」として、ここで受け取ったお札を台所の神棚に祀るなどの信仰が根付いています。我が家も年に1回お参りしてお札を頂いてきます。


小規模ながら立派な三門形式に則った山門です。
DSCF2002~1


両脇に布袋さんが要る、赤い欄干橋を渡ると、立派な拝殿(天堂)が現れます。
DSCF2004_20100607122743.jpg


拝殿には三宝荒神王、大聖歓喜天、十一面観世音菩薩他、福徳を授ける諸神諸仏が祀られています。
裏手に行くと「護法堂」「荒神影向の榊]「眼神祠」「龍王堂」「火箸納所」「行者洞」「宝稲荷社」「修行大師像」「護牛神堂」と、池泉回遊式庭園の池には亀が甲羅干ししてましたププッ ( ̄m ̄*)
DSCF2005_20100607122752.jpg


本堂正面には本尊大日如来、向かって左に不動明王、右に弘法大師が祀られています。
手間右に見えるのが、一願地蔵尊様で、金銅製の巨大な立像で、頭上に水を掛けて一つの願いを念ずれば、ご利益があると言われていますが、大きいので中々頭上まではお水は掛けられません。☆^∇゜) ニパッ!!
DSCF2007_20100607122809.jpg


昨日は行きませんでしたが、これより奥に行くと鉄斎美術館や「龍王滝」があり、お不動様がお祭りされてあります。

帰りには「菅屋」さんに寄って「金覆輪」饅頭を買ってきました☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ
「金覆輪とは、元々高貴な方々の大切なお道具や調度品等に金箔の装飾や縁取りを施したものを指して言ったそうで、栗や小豆の実り、自然の恵みを尊び慈しみ、感謝の意を込めて大切に覆う事から名付けられたそうです。」

風味豊かな生地を金箔に見立て作られているそうです。真ん中には特別大粒の柔らかな栗が入ってて、それを十勝小豆で、ぎゅっと覆っています。中央には金箔も乗って~贅沢な和菓子です~しっとりしてとても美味しいですヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
一つがとても大きいんですよ。
P1080232.jpg
スポンサーサイト

<< ルノワール展 | ホーム | \(*T▽T*)/ワーイ >>


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。