プロフィール

マリモ

  • Author:マリモ
  • 各種粘土で作った色々な作品の紹介や、日々の出来事を綴ってます。



    2010年3月創刊 
    ART BOX vol.17
    「DOLL現代日本の人形作家
    100人」に掲載された作品




最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

Flashリバーシ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品展~北野異人館へ!

今日は神戸の「DUO KORB」で、樹脂粘土の先生の作品展が在ったので見に行ってきました。
今回のテーマは「山野草とともに」という事で、派手な花は無かったのですが優しい草花に触れられて癒されましたV(○⌒∇⌒○) ルンルン
tennjikai.jpg

  

どの作品も素晴らしくて感動しました(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
20071012182311.jpg



それから~足を伸ばしてと言うか、寄り道して北野異人館を散策してきました。此処は何回行っても素敵な所でダーイ \(#⌒0⌒#)/スキッ★(又アルバムにしますので覘いてね)

先ずは5館入れるチケットを買って、「英国館」に~
明治時代建築其のままに保存されてています。コロニアル様式。中の調度品も素晴らしくてイングリッシュガーデンも素敵だった。
20071012182553.jpg


2階にはシャーロックホームズの部屋が再現されていて、服も着て撮影できるの☆^∇゜) ニパッ!!
20071012183305.jpg






次は~洋館長屋(仏蘭西館)!此処はガレやドーム兄弟のアールヌーボに(*´ー`*)ウットリ
素晴らしい調度品も並んでいた\(*T▽T*)/ワーイ
20071012183837.jpg



仏蘭西といえば、ルイビトン(^_-)☆パチン初期のトランクがエトランゼ達の夢を詰めて運んできたのでしょうね!欲しい~(o^-')b グッ
20071012183927.jpg




ベンの家の前をとおり、キツイ坂道のオランダ坂を登った┓(´ー` )┏ふぅ
20071012184447.jpg





オランダ坂登りきった所に「うろこの館」(右)と「うろこの美術館」(左)がある。
美術館と隣同士に成っている。
古城のような建物の外壁を飾る、天然石のスレートが魚のウロコの様に見える事から名づけられた。阪神大震災で相等傷んで修復した当時はスレートの色が違って違和感があったが、今は違和感も消えて自然な感じに成って来ている。
20071012184730.jpg


重厚なアンティーク家具やマイセンなどの西洋陶器の数々も見ものです。
20071012185506.jpg


美術館にも色んな絵が掛かっているが、何と行っても3階から見渡す神戸の町並みが、其のまま絵画の様だヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
20071012185904.jpg






山手八番館では、ガンダーラの佛教美術品が沢山見れる。
20071012190253.jpg

20071012190358.jpg







北野外人倶楽部は社交倶楽部をイメージした古きよき時代の香り漂う異人館だ。薪炭時代のキッチンは今も現役らしい、庭にはミニ礼拝堂や馬車や横穴井戸が在り楽しい所だった。
20071012190953.jpg

20071012191033.jpg






NHKの朝ドラのテレビで有名になった「風見鶏の館」である。
ドイツ人の貿易商トーマス氏が自宅として建てた物。異人館の中で外壁が赤レンガ此処だけで、大変綺麗な建物である。
20071012191821.jpg

全面から光りが入るように五画系に成った書斎の窓も素敵だしアールヌーボーの動きを感じさせる物が彼方此方にある。
20071012192115.jpg




久々の北野巡りで楽しかったV(○⌒∇⌒○) ルンルン

スポンサーサイト

<< ハーベストの丘 | ホーム | 粘土のお稽古~☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ >>


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。