プロフィール

マリモ

  • Author:マリモ
  • 各種粘土で作った色々な作品の紹介や、日々の出来事を綴ってます。



    2010年3月創刊 
    ART BOX vol.17
    「DOLL現代日本の人形作家
    100人」に掲載された作品




最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

Flashリバーシ

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信太森葛葉稲荷神社

粘土教室の帰りには信太森葛葉稲荷神社さん」の横を通るので、時々寄ってお参りしているので、昨日も寄って来た。

伝説の多い神社で「芦屋道満大内鏡」という浄瑠璃で有名なので、ご存知の方も居るでしょう。
伝説は↓の続きを読むに。。。

陰陽師(おんみょうじ)安部清明の母を、お祀りして「夜鳴き封じの寺」としても有名。
映画で稲垣君だったかな?が陰陽師をしてから、若い方のお参りも多い。

門前には神社の狛犬に変わって一対のきつねが鎮座している。
DSCF3872.jpg


境内に入ると、伝説が書いてあります。
DSCF1257.jpg



赤い鳥居を幾つも潜った奥に、お社が在る
DSCF1268.jpg


葛の葉?楠に囲まれた小さなお社。
DSCF1262.jpg


葛の葉姫に化けた白狐が、自らの姿を写して見たと伝えられる「姿見の井戸」
DSCF1264.jpg


和泉式部の碑は「秋風のすこし吹くとも葛の葉のうらみがほにはみえじととぞおもふ」
DSCF1261.jpg


芭蕉の句碑、「葛の葉のおもて見せけり今朝の霜」。
DSCF1260.jpg



境内には、樹齢すでに二千年余年の楠の樹や、御霊石やら多数在る。
遥か~50年程も昔~父がよく連れて来てくれたのが懐かしく、今もあの頃と変わり無い神社なので、来るとあの頃にタイムスリップできるσ(゜ー゜*)である・・・


伝説はq(。_。*)コレ









葛の葉伝説をご紹介しましょう。
摂津(大阪)に住む阿倍保名(あべのやすな)が信太大明神に参詣し池のほとりで沐浴しているところへ狩人に追われ傷ついた白狐が逃げてきたのを、かくまって逃がしてやった。

保名は追ってきた狩人たちに責められて深い傷を負ってしまいました。その保名のところへ、葛の葉と名乗る若い女がたずね介抱をし、やがて二人は夫婦となりひとりの童子が生まれました。

六年経ったある秋の日に葛の葉は庭の美しい菊に心をうばわれ、うっかり狐の本性を童子に見られてしまいます。

  「恋しくば尋ねきてみよ和泉なる
       
       信太の森のうらみ葛の葉」


の一首を障子に書き残して、信太の森へ帰ったと言い伝えられる
この葛の葉伝説にまつわる狐がおまつりされているのがこの神社で、今も人々の信仰をあつめている。

(和泉市信太の森ふるさと館発行のパンフレットから要約)

  

夜鳴き封じでも有名で、ご祈祷もして頂ける。
 
  「信太の森の白狐
   
     昼は泣くとも夜は泣くな
     
        親は泣くともこの子泣かすな」


σ(^^;)、長男の夜鳴きに困り、子供の枕の下にこの言葉を書いて敷いたものだ~。

スポンサーサイト

<< 姪っ子が | ホーム | 粘土教室作品 >>


Comment

(〃⌒ー⌒)/どもっ♪

木漏れ日の中にあって素敵な写真ですね。
前通って(-m-)” パンパンするべきですよね。
お稲荷さんだからキツネかな~

読んできました。良いお話ですね。

長男さん夜泣き大変だったんですか?
ご利益頂いて治ったんですね。

りんちゃん母さん

陰陽師、一時ブームに成った時は、凄く沢山の若い方が訪れてました。
商売繁盛のご利益も在るとかで、商売人さんも毎日来る人も。。。
閑静な神社で、良いですよ。お稲荷さんは赤い鳥居がつき物ね。


お話は、母子の別れの悲しい物語でしょう。これの話を大太鼓で演奏する会も在って、見ものなのよ。

長男は、昼と夜が逆さになって2~ヶ月位まで/(-_-)\ コマッタァ・・・
ご利益~ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…????? 
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ

何時も訪問いただいてありがとう!

{あっしは泉州は信太の生まれ、あんかけの時次郎。義理に強いが人情に弱い・・・}と定番の決りもんくを思い出す地名の信太ですね~!!
とっても懐かしいですね~!!
鶴山台の家のすぐ上にも似た様な神社がありました!
この辺は歴史が古くもう一度歩きたくなる町ですね~!!
腱鞘炎になったのですか~!!
どうぞ御無理なさらないでね~!!
ステキな作品見せてくださってありがとうございます!!
ステキな色合いのアンティーク調で仕上がっていましたね!!
また掲示板にお邪魔しますね。
母が帰ってきてから落ち着いて粘土をさわっていません!!
う~ん!!どこまで頑張れるか~!!
介護スタッフの手を借りてまさに奮闘中です!!

miokoさん

>とっても懐かしいですね~!!
鶴山台の家のすぐ上にも似た様な神社がありました!
懐かしいでしょう~似た神社と言うのは「聖神社」ですよ。
歴史感じるお寺が沢山在るよね。

作品も見てくれて ☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!
良い色が出たかなと、一寸嬉しくてO(≧∇≦)O イエイ!!

お母様、退院された方が忙しいのね、旨く介護スタッフのお世話になって、疲れ&ストレス貯めないようにね。
私は、大した事無いので大丈夫よ、ありがとう。
お母様~お大事に。。。!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。